盛り塩・持ち塩 神社の塩

ログインボタンカート確認ボタン

お知らせ

2018.09.20
配送料・一部商品価格改定のお知らせ
ゆうパック・ゆうパケット料金大幅改訂の通達を受けまして、当店でもやむを得ず、10月1日配送分より配送料および一部商品価格の改定をさせていただくこととなりました。何卒ご了承ください。
2018.09.03
9月定休日のお知らせ
9月の定休日は土・日・祝日です。この他、臨時の休業等につきましてはこのコーナーにて随時お知らせいたします。



商品一覧

「盛り塩の基本」のページへ

「持ち塩の基本」のページへ

TOP > お札立て > 鳥居付 木札立て

鳥居付 木札立て

木札をおまつりするならこれ。神棚にも入らない1尺3寸(約39cm)までの大型のお札をおまつりできるお札立てです。

購入数
価 格 2,500円(税込)

友だちに教える 問い合わせ
   


神棚がないと、お札をおまつりできないと思っていませんか?
もともと1尺(約30cm)を越えるお札は、一般的な神棚には入りません。
木札や大型のお札のおまつりには、このお札立てをご活用下さい。



白松製 鳥居付 木札立て

■本体サイズ:高さ 10.8cm × 幅10cm × 奥行き10cm
■おまつり可能なお札のサイズ:剣先型木札1尺3寸(約39cm)まで対応
■組み立て式(説明書付)

木札や大型のお札をおまつりするなら、このお札立てがおすすめです。白松製の清々しい肌合いのこのお札立ては、高さ1尺3寸(約39cm)、幅約10cmまでの木札や大型のお札をおまつりできます。もちろん紙のお札などとの重ねまつりも可能です。ご家庭のリビングや居間などはもちろん、勉強部屋やお店、会社のちょっとしたスペースにお札をおまつりして、日々神様にお見守りいただけます。

鳥居付き木札立て イメージ ※お札は付属しません。お近くの氏神さまなどでお受けください。どうしてもお困りの方は、お問い合わせください。

鳥居付き木札立て本体のみ


お札のまつり方

■おまつりする場所

お札をおまつりする場所は、家の中で神さまがお鎮まりになるところですから、明るく清らかで目線より少し上の位置に設けるのが良いでしょう 。
お札の表面を南か東に向けるのが良いとされていますが、家の間取りによっては、おまつりするのにふさわしい場所であれば良いでしょう。
神様と毎日生活を共にしているという気持ちが、あなたやご家族に心の安らぎをもたらしてくれることでしょう。

■お札の順位

お札を横に並べておまつりできる三社づくりの神棚等の場合は、中央に伊勢の神宮のお札(神宮大麻)、向かって右に氏神さまのお札。左に崇敬する神社のお札の順に並べます。
当ショップで販売しておりますお札立ての場合は、一番手前に伊勢の神宮のお札(神宮大麻)、次に氏神さま、崇敬する神社の順にお札を重ねておまつりします。

お札のまつり方の順序

Q. お供えはしなければいけませんか?

A. まずはお札をおまつりして毎朝手を合わせることからはじめて下さい。
最初は無理をせず、ご自身が可能なことを毎日続けることが大切です。朝出かける前にお札に手を合わせ、清々しい気持ちで一日をお過ごしください。
もし気持ちに余裕ができてきたら、以下の図を参考にお供えをしてみてください。

鳥居付き木札立て お供えのしかた

鳥居付き木札立て まつりかた
まつりかたの一例(祭具は付属しません)


発送前のお祓いと、特別な梱包

当ショップのお札立ては、すべて御神前にてお祓いしてから発送いたします。

鳥居付き木札立て お祓いして発送

また、お札立ての発送にあたっては、お祓いで使用する榊(さかき)や紙垂(しで)、麻などを使ってお札立てを守るように梱包を行い、せっかくお祓いをしたお札立てが輸送中に悪い気の影響を受けないよう、神社ならではの工夫をしております。

鳥居付き木札立て 榊の梱包

<榊(さかき)>
発送当日の朝に、当神社の境内に自生する榊の木から手摘みした榊の小枝です。
榊は、お祓いで使う大麻(おおぬさ)や玉串などに使われる、神社にはなくてはならない神聖な木です。また榊は「境木」の意であるとも言われ、俗世界と神様の聖域の境を示す木であるとも伝えられています。
この榊に、同じく大麻(おおぬさ)に使われる麻紐と紙垂を添えて、お祓い済みのお札立てを輸送中の様々な影響からお守りします。

【榊に関するおことわり】
1. 季節や輸送の状況、またお荷物をすぐお受け取りになれなかった場合などは、榊がしおれてしまうことがあります。榊は自然のものをそのまま添付しておりますので、本来の役割を果たしたものとご理解いただき、ご了承いただけますようお願い申し上げます。
(榊がご不要の方は、発注時にその旨お書き添え下さい。)

2. 榊の種類や大きさは季節により変更になることがあります。

注文ボタンに戻る



八幡宮の御神塩の話リンク画像  塩が持つ祓い清め後からの話バナー画像


トップへ戻るボタン